ウーマン

保湿化粧品で乾燥肌を改善しよう|乾燥肌の外観や改善対策

肌を保湿する必要

コスメティック

角質の水分量

乾燥肌とは、角質の状態を指します。具体的には、角質が含有する水分量の低下している肌のことです。皮脂の分泌量・角質の細胞間資質、いずれの減少も原因となります。皮膚中の水分は、発汗や蒸気として常に消費されるものです。よって、減少する要因があれば水分は保たれなくなります。外観として、肌のうるおいがなくなり、ひいては白く粉をふいたように見えたりゴワつきを感じるようにもなります。乾燥肌の外観や改善対策に使用される保湿化粧品には化粧水・クリームといったカテゴリ毎に個別の働きがあります。化粧水は角質に水分を行きわたらせること・美容液で特定成分を補充する・乳液やクリームの油分やコーティング作用で水分を保持すること等です。

基礎化粧品の成分

乾燥肌に対し、保湿化粧品が提供する成分はアプローチ毎に複数あります。乾燥肌は前述のように、水分を角質中に抱え込む作用が低下しています。よって、本来その作用を果たしていた天然保湿因子を補う手段が一般的です。成分名としては、尿素・乳酸・各種アミノ酸類です。また、角質と角質の間が脂質で満ちていれば、肝心の水分が保たれやすくなります。この脂質の大部分を占めるのがセラミドです。角質そのもの以外へのアプローチとしては、保湿化粧品のケア完了後に「フタ」をすることが挙げられます。角質の水分を行きわたらせるだけでなく、長時間保持させたいからです。油分やポリマーが、その役割を果たします。必ずしも、保湿化粧品と銘打っていなくても乾燥肌に働きかける成分の入った化粧品はあります。有効成分をリスト化するなど工夫をして、基礎化粧品を選べばより良いものが選べます。

上手に美容に活用する

まつげ

美容にもさまざまなジャンルがありますが、まつげエクステは人気の高いジャンルとなっています。インターネットの普及と発展により、通販でも取り扱っているショップが増えました。さらに情報も増えました。通販を上手に活用することで、より一層まつげエクステを楽しむことができるのです。

もっと読む